HOME  |  会社概要  |  施工事例  |  個人情報のお取り扱いについて
 
 MASUDA-KOUMUTEN 職人かたぎ.com   E-mail info@shokuninkatagi.com
     
 あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行



[あ] 合いじゃくり(あいじゃくり)
板を張り合わせる方法のひとつ。それぞれの板の厚みの半分を欠き取って張り合わせる。

上がり框(あがりかまち)
玄関や勝手口などの段になった角に付ける横木のこと。ケヤキなどの木目の美しいものが使われる。

アスファルトルーフィング
屋根や壁の防水シートで、紙やフェルトにアスファルトをしみ込ませ、表面に粘着防止剤を塗ってシート状にしたもの。

アプローチ
敷地の入り口から玄関に至るまでの通路のこと。植栽などを工夫して「我が家流」の雰囲気づくりをしたいもの。

アルコープ
部屋や廊下などの壁面を一部後退させてつくった小空間のこと。マンションなどの集合住宅で共用廊下から続けてできた玄関前のスペースをアルコープということもある。

アンカーボルト
先端にフックがあるボルトで、基礎と土台をしっかり固定するために使われる金物。

板目(いため)
年輪が山形や波型などの模様になって現れている板の木目のこと。 ⇔柾目

犬走り(いぬばしり)
建物の周囲や、軒下などに砂利やコンクリートなどで固めた部分のこと。雨などで土が跳ね上がり、壁が汚れるのを防ぐためなどに
設けられるもの。

入母屋(いりもや)
屋根の形状のひとつで、上部が切妻でその下部が寄棟のようになった屋根形状のこと。古くから城や寺院などにもちいれられている


ウォーターハンマー
給排水管内の圧力の急激な変動のために衝撃音が発生する状態のこと。水栓を急に閉めたためなどで水圧が上昇し、管が振動して音が出る。


内法(うちのり)
壁や柱、開口部などの部材間の内側の寸法のこと。

縁甲板(えんこういた)
長手方向の両側に実はぎ加工を施した、幅8〜12cm程度の床仕上げ材のこと。ヒノキ、マツ、ナラなどが使われる


オーニング
窓や出入り口などに取り付ける日差しよけや雨よけのこと。近年日本でもガーデニングの普及などから取り入れられるようになった。

大壁(おおかべ)
木造建築の壁工法のひとつで、柱や筋交いなどを壁仕上げ材で隠してある壁のこと。 ⇔真壁

大引(おおびき)
土台や床束の上に渡して根太を受け、その上の床材を支える床組の部材のこと。

落し掛け(おとしがけ)
床の間の天井から下がって設けられた小さな壁の下端に取り付けられている横木のこと。

[か] 階高(かいだか)
床仕上げ面からすぐ上の階の床仕上げ面までの距離のこと。

鏡板(かがみいた)
天井、腰壁、建具などの額縁、框組、枠の内側にはめ込む平らな一枚板の総称のこと。

額縁(がくぶち)
窓や出入口などの回り(上・横・下)に納まりを良くするために取り付ける細い化粧材のこと。

かすがい
木材の緊結金物のひとつ。

仮設工事(かせつこうじ)
建築工事完了後は撤去される足場や仮囲い、養生などの工事の総称のこと。

木裏(きうら)
板目材の樹心に近い側の面のこと。

木表(きおもて)
板目材の樹皮に近い側の面のこと。鴨居や敷居は反りを考慮して木表側に溝をつける。

管柱(くだばしら)
通し柱にせず、1階ずつ途中で桁や胴差しなど横架材の位置で切って、横架材に継いで使う柱のこと。

珪藻土(けいそうど)
海で藻類の遺骸が堆積してできた土のこと。吸放湿性、断熱性、耐火性などに優れている。


建ぺい率(けんぺいりつ)
敷地総面積に対する建築物の建築面積の割合のこと。

建築面積(けんちくめんせき)
建築物の外壁または柱の中心線で囲まれた部分の水平投影面積のこと。ただし、地上1m以下の地階の部分と奥行き1m以下の軒や庇は算入しない。

構造用合板(こうぞうようごうばん)
建物の構造耐力上、主要な部分に使われる合板。耐水性能によって特類とT類に分かれ、強度によって1級と2級に分類される。

合板(ごうばん)
奇数枚の単板(ベニヤ)を繊維方向を互いに直交させて接着したもの。普通合板、特殊合板、構造用合板などのがあり、内装材や下地材として広く使われている。

小舞壁(こまいかべ)
左官仕上げの和風の壁のひとつ。柱と柱の間に竹を細く割ったものを縦横に組んで芯とし、土壁としたもの。

小屋梁(こやばり)
両端の軒桁を結ぶ横架材で、屋根の荷重を支える部材のこと。

[さ]     在来工法(ざいらいこうほう)
木造軸組工法とも呼ばれ、柱と梁で構造体を構成する日本の伝統的な建築工法。

サービスルーム

玄関、トイレなど以外で、天井高、床高、採光、換気など「居室」としての法律上の規定を満たしていない部屋のこと。納戸をさすこともある。

地鎮祭(じちんさい)
建築工事に先立ち、神主が土地を清め、工事が無事に完了するようにと願って地の神に祈りを捧げる行事。更地の状態でとり行われる。

地縄張り(じなわはり)
敷地を測り、建物の位置決めをするために行う縄張りのこと。

上棟式(じょうとうしき)
土台を回し、柱を立て、梁・桁を渡して母屋を組み、棟木を組み上げた段階でとり行う神式の行事。「建て前」、「棟上げ」ともいう。

真壁(しんかべ)
柱を見せて仕上げる壁工法こと。大壁より壁厚が薄くなる。⇔大壁

スキップフロア
戸建て住宅などで、半階ずつずらし床を設けた空間形式のこと。

じゅらく壁(じゅらくかべ)
じゅらく土で仕上げた土壁で、表面がザラザラした砂状の風合いを持っている日本の伝統的な塗り壁のひとつ。

筋交い(すじかい)
建物の揺れを防ぐために、柱と柱の間に対角線状に入れる補強材のこと。


設備工事(せつびこうじ)
建築工事は大きく分けて建築本体工事と設備工事に分かれ、給排水工事や電気工事、空調換気工事などをまとめて設備工事という。

セットバック
建物が敷地境界線、道路境界線などから後退して建築されること。道路幅員が4m未満の場合、道路の中心線から2mの範囲内に建物を建築してはならないという建築基準法の規制。

[た] 畳寄せ(たたみよせ)
和室の畳と壁の間の隙間に入れる木材で、畳の上端と同じ高さに揃える。

垂木(たるき)

小屋組で、屋根下地をのせる部材のこと。

ツーバイフォー工法(ツーバイフォーこうほう)
木造工法のひとつで、枠組壁工法ともいい、建物の荷重を壁全体で分散して支える構造のこと。基本部材として2×4インチの木材を使用していることに由来している。

鉄筋コンクリート構造(てっきんコンクリートこうぞう) (RC造)
鉄筋を組み、その周囲に型枠を作りコンクリートを流し込んで固めたもの。耐震性、耐火性、耐久性はあるが、重量がある。

鉄骨構造(てっこつこうぞう) (S造)
柱や梁などの主要な骨組に形鋼、鋼板や鋼管などの鋼材を使用した構造。RC造に比べて軽量だが、火に弱いため耐火被覆が必要。

鉄骨鉄筋コンクリート構造(てっこつてっきんコンクリートこうぞう) (SRC造)
柱や梁を鉄骨で作り、その周りに鉄筋を配置して型枠を組み、コンクリートを流し込んで固めたもの。耐震性に優れ、耐火性もある。

胴差し(どうざし)
1階と2階の間の外周に水平に架けられ、2階の床組や壁を支える横架材のこと。

通し柱(とおしばしら)
1階から2階まで1本で通っている柱のこと。主に建物の四隅に使われる。

床柱(とこばしら)
床の間の脇に設ける化粧柱のこと。


トラップ
下水管からの臭気や害虫の侵入を防ぐのが目的のもので、排水管の途中に設けられた水がたまった部分。サイホン形では、Sトラップ・Uトラップ・Pトラップ、非サイホン形では、わんトラップ・ドラムトラップなどがある。

[な]    長押(なげし)
鴨居の上の部分に取り付ける化粧板。

布基礎(ぬのきそ)

建物の外周と壁の下部に細長く連続して設けられた基礎のこと。日本の木造住宅ではこの方法が多い。

根太(ねだ)
木造の床で床板を支える横架材のこと。

軒桁(のきげた)
軒下に渡される水平材のこと。棟木に直角なのが梁で、棟木に平行なのが桁。

軒高(のきだか)
地盤面から軒桁の上端までの高さのこと。

軒天(のきてん)
屋根の軒先部分の裏側のこと。下から見ると外壁から出でいる部分。

野地板(のじいた)
木造の屋根で屋根葺材の下地となる板のこと。

延床面積(のべゆかめんせき)
建物各階の床面積の合計。

[は]     幅木(はばき)
洋室の床と接する壁面の下部に取り付ける幅10pほどの化粧材。

バリアフリー

高齢者や障害者が生活をする上で、障害や障壁をなくすことで、住宅では手すりを付けたり、床の段差をなくすことなどが知られている。

火打ち材(ひうちざい)
土台や桁(または胴差し)などの水平材を組んだ隅部に斜めに入れて変形を防ぐ補強材のこと。火打ち梁や火打ち土台がある。

ピロティ
建物の1階部分を柱で支え、壁などを造らない構造や形式のこと。

FIX窓(ふぃっくすまど)
開閉できないはめ殺しになっている窓のこと。

ブラケット
壁や柱などに取り付けるタイプの照明器具のこと。

フラッシュドア
木の骨組みの両面に合板を張って造られるドア。ドアと引き戸がある。

ペアガラス
2枚または数枚のガラスを一定の間隔をあけて合わせ、その隙間の中に乾燥空気を密封したガラスのこと。断熱性、防音性に優れ、結露しにくい。

ホルムアルデヒド
強い刺激臭のある気体で、シックハウス症候群の主な原因と言われている化学物質。


[ま]     柾目(まさめ)
年輪が平行に揃って見える板の木目のこと。⇔板目

間柱(まばしら)

壁下地用に柱と柱の間に配置する柱のことで、荷重は受けないので改築などの場合に外すこともできる。

回り縁(まわりぶち)
壁と天井が接したところに取り付ける化粧材。納まりをきれいに見せるために設ける。

水返し(みずかえし)
雨仕舞いのひとつで、水の浸入を防ぐために窓台や敷居に付けた立ち上がりの部分のこと。

無垢材(むくざい)
合板や集成材と異なり、表面も中身も単一の材質でできている板のこと。

木造軸組工法(もくぞうじくぐみこうほう)
主要な構造部を木材で構成した日本の伝統的な工法で、在来工法とも呼ばれる。

母屋(もや)
棟木と平行に小屋束の上部を連結して垂木を支える横架材のこと。

モルタル
セメントと細骨材(砂)に水を加えて練り混ぜたもの。これに砂利が入るとコンクリートになる。

[や]     床下換気口(ゆかしたかんきこう)
木造住宅で床下換気のために基礎部分に設けた開口部のこと。法規では間隔5m以内ごとに設けるように定められている。

床束(ゆかつか)

床の大引から垂直に下ろした荷重を支える部材のこと。

容積率(ようせきりつ)
敷地面積に対する延べ床面積の割合のこと。

用途地域(ようとちいき)
都市計画法で、良好な環境を保つために土地の用途を12種に区分し、建物の大きさ(建ぺい率・容積率など)を制限している。

[ら]     ラスボード
左官仕上げの下地用の石膏ボードのこと。左官材料の付着性を高めるため、表面にへこみがつけてある。

レディミクストコンクリート

工場で製造され、固まらない状態で現場に搬入されて用いられるコンクリートのこと。

ロックウール
岩石を溶かし高圧空気を吹き付けて急冷して繊維状にしたもの。断熱材、保湿材、吸音材、耐火被覆材料などに使われる。

[わ]     ワークトップ
調理などの作業を行うキャビネットの天板のこと。

割栗石(わりぐりいし)

岩石を砕いて作った石で、基礎工事や地盤固めなどに用いる。

用語集